学会誌 - 目次
バックナンバー
投稿規定
勧告法
アーカイブ
ACB

アクセス数

総閲覧数: 531272

お問い合せ・入会ご希望の方はお気軽にご相談ください。

日本臨床化学会 事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-10-605
株式会社エム・シー・アイ内
TEL.03-3354-2006
FAX.03-3354-2017
jscc@mc-i.co.jp

学会誌 – バックナンバー(2015年)

学会誌『臨床化学』

臨床化学 Vol.44 No.1

特集:間質性肺炎−診断検査の進歩−
序文 日高宏哉 4
特発性間質性肺炎の臨床 山本 洋 5
間質性肺炎の病理分類−特発性間質性肺炎を中心に− 本田孝行
上原 剛
浅香志穂
松本 剛
10
間質性肺炎の呼吸機能検査 藤本圭作 16
間質性肺炎の血清バイオマーカー−KL-6 堀益 靖
服部 登
河野修興
24
ペリオスチン:特発性肺線維症の新規診断薬 太田昭一郎
出原賢治
30
特集:菅野剛史先生追悼
序文 菅野剛史先生の追悼特集の編集にあたって 前川真人 37
菅野剛史先生プロフィール   38
追悼 菅野剛史先生 「しなやかに」そして「さりげなく」 加野象次郎 48
菅野剛史先生を偲んで
−LDH-Mサブユニット欠損症との出会いを中心に−
須藤加代子 55
菅野先生寸描 米川 修 57
臨床化学界の至宝−菅野剛史先生の思い出 宮井 潔 59
眩しく見上げていた菅野剛史先生 濱㟢直孝 61
菅野剛史先生を偲ぶ
−特に血清酵素活性測定の標準化を通して−
美﨑英生 64
菅野剛史先生のご逝去を悼む
−血清酵素活性測定精度の劇的向上への貢献に感謝して−
河合 忠 66
技 術
POCT対応血糖測定機器3機種の基礎的性能評価 富岡光枝
畠中いと
長谷川美彩
田中康富
菅野宙子
佐藤麻子
内潟安子
68
トピックス
遺伝子検査ビジネス-検査技術の現状と問題点- 仁井見英樹 76
ジャーナルトピックス
先制医療のためのフィトケミカル 後藤正男 77
Single Cell Sequencing 柳原希美
栗林景晶
78
オピニオン
臨床検査の家庭内への進出と医療費のFuture costの削減 大澤 進 79
学会だより
    80

▲ top

臨床化学 Vol.44 No.2

オピニオン

特 集「POCT対応機器・試薬の現状と将来」
序文 後藤正男 94
POCTの現状と将来:総論 桑 克彦 95
医療現場でのPOCTの現状と将来 白井秀明 103
SMBG対応機器・試薬の現状と将来に関して 後藤正男 108
イムノクロマト法の現状と将来 岡本浩治 113
ヘモグロビンA1cのPOCT測定法の現状と展望 三上あかね 119
ポイントオブケア型バイオセンサーの開発とその展開 民谷栄一 126
学会賞受賞報告
肝臓の病態生理におけるsphingosine 1-phosphate(S1P)の役割 池田 均 135
企業シンポジウム
診断と治療の未来を探る−その鍵は臨床化学にあり− 企業シンポジウム企画委員会 143
トピックス
古くて新しい動脈硬化リスク因子Lp(a) 吉田 博 152
ジャーナルトピックス
疾患エピゲノム研究の新展開:脳神経疾患や神経可塑性との関連 渡邊良久 154
核のない細胞,赤血球と血小板の死
Anuclear cell death of erythrocytes and platelets
橋口照人
Panta Sushil
155
R-CPCと臨床化学 河野誠司 156
学会だより
    157

▲ top

臨床化学 Vol.44 No.3

特 集「活性酸素」
序文 石川浩章 182
活性酸素と抗酸化物質 大澤俊彦 183
心不全におけるミトコンドリアと活性酸素の役割 井手友美 191
活性酸素と腎臓病 杉山美樹
中山陽介
深水 圭
198
酸化ストレスマーカーと心理的ストレスの関連 飯田忠行
伊藤康宏
長岡 芳
原田俊英
207
生体内における各種酸化ストレスマーカー 石川浩章
大橋鉱二
寺平良治
214
座談会
臨床化学の方向性と学会誌が果たすべき役割 編集委員会 222
トピックス
オミクス計測による感染症制御への試み 中西豊文 237
ジャーナルトピックス
グライコミクスによる新規疾患バイオマーカーの探索 米山 徹
大山 力
239
グライコブロッティング法による糖鎖解析は
肝細胞がんの新しいバイオマーカーとなりうる
神山俊哉 240
Sphingosine 1-phosphate とインスリン抵抗性 野尻卓宏 241
オピニオン
生命の森へ;臨床分析化学 日高宏哉 242
学会だより
    243

▲ top

臨床化学 Vol.44 No.4

特 集「ヒトマイクロバイオーム研究UPDATE」
序文 前川真人 268
次世代シーケンサーを用いたマイクロバイオーム研究の最前線 長井陽子
鈴木健介
269
各種オミクス手法を用いた腸エコシステムの理解 大野博司 275
腸内細菌と循環器疾患 江本拓央
山下智也
平田健一
282
口腔マイクロバイオーム評価の臨床的意義 山下喜久
竹下 徹
290
皮膚のマイクロバイオーム 冨田秀太 298
総 説
スタチンの誕生−僕は科学者になってよかった 遠藤 章 304
トップダウンプロテオーム解析法の開発と応用 今井一洋 316
トピックス
総抗酸化能計測用バイオセンサー 後藤正男 325
ジャーナルトピックス
CHIPS法(遺伝子変異スクリーニング法)は
遺伝子検査の簡便化・低コスト化に役立つ
仁井見英樹 326
感染症領域における全ゲノム解析の活用 竹森優喜子
和田隆志
327
オピニオン
免許更新制を考える 山内一由 328
学会だより
    330

▲ top